09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

主治医に薬を問う

2015/12/07
主治医のI先生から地域の先生になって、数か月。


アリミデックスと骨粗しょう症のリセドロン飲み始めて、関節の強張りがより強く
脚の関節と膝下の違和感もあり、座っていて立つ時、すんなり立てない時がある。


地域の先生に先日、ノルバデックスに戻るのはどうかと相談して、主治医の先生に伺うことになった。


その間、(といっても今朝)パソコンで色々見ていたら、私には今の薬がやはり合っているのかなぁと。
1週間に一度のリセドロンも苦痛だったんだけど。


で、結論は主治医の先生いわく。
データーがあって、色々私のように関節痛が出る人の方が再発率が少ないとか。
あくまでもデーター上だけどもって。


どうしても耐えられない強張りであるなら、薬を変えてもいいと。
リセドロンが重荷なら、半年に一回の注射もありますとのこと。


私の強張り、我慢ができないわけではない。手に関しては夜中と朝起きた時だけ。
「先生は今の薬がいいと思いますか?」と聞くと、「できれば」とのこと。
「他にも2種類の薬がありますが?」と言われたけど、「今のままで」となりました。


注射は嫌なので、薬をチョイスで。
平均よりもやや骨密度が少ない私。


今迄通りとなったけど、久々に主治医の先生の顔見れて、話ができてほっとしました。





 ありがとうございます

スポンサーサイト
21:25 ブログ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。